御岳・奥多摩の大自然を守る「都レンジャー」

都レン3

大都市のイメージが先行する東京ですが、

実は自然の豊かさでも日本有数のエリアなのを皆さんはご存知ですか?

国立公園は3ヶ所(秩父多摩甲斐・富士箱根伊豆・小笠原)もあり

面積においても東京都の約36%が自然公園に指定され、

この比率は47都道府県でなんと1位!

奥多摩は自然豊かな山岳地域として、本格登山者にも愛され、

御岳近郊は、人と歴史、そして自然が融合したエリアとして、登山者だけでなく

幅広い層のお客さんに愛され続けています。

一方、初心者の方による山岳事故が増加しているのも、これまた事実…

そんな皆さんを陰で支え、豊かな自然を守るため都が独自に創設した
「都レンジャー」というお仕事を、皆さんはご存知でしょうか?

都レン1

奥多摩、御岳で働く田畑真悠さん(31)もその一人。
日々、都の自然公園などをパトロールし、利用マナーの普及啓発、

盗掘などの監視、登山道や道標などの点検補修、

自然環境調査などを行なっています。

時には支障木を処理したりと、この猛暑の中、毎日が体力勝負なお仕事です。

都レン2

(雪が降ろうが雨が降ろうが、山を見守ります)

7月28日には青梅警察署山岳救助隊、御岳ビジターセンタ-、御岳山地域の関係者の方々に

ご協力頂き、夏休みの安全登山を呼びかけるPR活動をケーブル御岳山駅前で実施。

田畑さんは「たくさんの人に自然を安全に楽しんで貰いたいというのが、都レンジャーの願い。

自然とのより良い付き合い方を模索し、これからも情報を発信していきたいと考えています」

と目を輝かせていました。

都レン3

山でお見かけの際は、ぜひ激励の一言を♪


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る