東京アウトドア 御岳・奥多摩から「山の女神サマが魅せる絶景!」

okutama_mitake_rengesyouma4

都会が35度を越える日も、御岳山では

30度程度と穏やか。心地よい風が山の木陰、

沢を吹きぬければ、心も身体も癒されます。
新緑に萌える御岳山の美しさは、

まさに絶景ですが、毎年この季節になると

山の女神サマが可憐な姿を現します

山の女神サマとは…?

okutama_mitake_rengesyouma1

okutama_mitake_rengesyouma3

そう関東随一の群生地と評される

御岳山の「レンゲショウマ」
御岳山では開花の時期に合わせ

7月18日~9月23日まで
レンゲショウマまつりを開催しており、

様々な各種イベントも開催!

okutama_mitake_rengesyouma2

ボランティアガイドの解説員と共に、

夏でも涼しいロックガーデンコースを
散策しながらレンゲショウマを

楽しむ散策企画などもございます♪

レンゲショウマは太平洋側の山地の

落葉林内に生えるキンポウゲ科の

多年草で、細長い花茎を
伸ばし、約3~4cmの

下向きの花を付けます。

花がハス(蓮)の花に、

葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)
に似ていることから、

レンゲショウマ(蓮華升麻)の
名がつけられたと言われています。

7月15日、御岳山を歩いていると、

今か今かと蕾を
つけたレンゲショウマが群生する中、

早くも一輪の可愛い花が♪

清楚で、可憐で、ツッチーも

大好きなお花です!

最も有名なのが約5万株が群生する

富士峰園地北側斜面付近。
見ごろとなる8月からは

関東随一の絶景が広がります。

他にもケーブルカーを降りて

右の奥へ向かった大塚山付近や

御岳神社本堂周辺も穴場のスポット。
毎年、カメラで撮影しに多くの方が訪れます。

そんな御岳山のレンゲショウマを
一番キレイに見られるツッチーのお勧めは、
8月のお盆前から25日くらい。

早朝や夕方、または雨の日や

霧の日がお奨め。

幻想的な絶景に目の前に広がり、

息のむ美しさです。

okutama_mitake_rengesyouma4

ユリの開花も間もなくで、

一緒のコラボも楽しめるかも…

okutama_mitake_rengesyouma5

okutama_mitake_rengesyouma6

ぜひ一度、山の女神サマに逢いに

足を運んでみてはいかがでしょう?

【レンゲショウマまつり】
7月18日~9月23日
主催:御岳山商店組合

●レンゲショウマフォトコンテスト
応募期間:8月1日~9月7日
応募内容:御岳山のレンゲショウマを

題材にした今年撮影した作品に限ります。
応募方法:規定の応募用紙にて

お申込みください。

登山鉄道駅構内、

山上の各売店にて配布しております。

●7月25日(土)午後8時~
「昆虫観察会」
狙うは昆虫の王様!クワガタとカブト虫。
幻のミヤマクワガタを目指して!
お子様にはお土産のカブト虫付き。
雨天中止(お土産は差し上げます)
ふれいあいセンター、または

ご利用の宿にお申込みください

●8月8日(土)午後8時~
「にっぽん御岳ばなし」
みんなの知ってる、民話や言い伝え
昔から伝わるお話を、楽しい舞台に。
開催場所:鳥居前特設野外舞台

(雨天:神楽殿)

●8月15日(土)午後8時~
ヴァイオリンの夕べ
御岳山の幽玄な夜の静寂に
幻想的なヴァイオリンの音が流れます
演奏者:日本フィルハーモニー

交響楽団ソロコンサートマスター

木野 雅之さん

開催場所:鳥居前特設野外舞台

(雨天:神楽殿)

●9月12日(土)午後8時~
御岳山の神主が代々受け継ぐ神楽は
無形民俗文化財に指定されています。
日本人が神と共に楽しんだ神楽を
幻想的なかがり火の光の中で

お楽しみください。
開催場所:鳥居前特設野外舞台

(雨天:神楽殿)

●レンゲショウマ・ロックガーデンハイキング

+ ワンバーナークッキング

御岳山のレンゲショウマや夏の花、

植物を観察しながら、
夏でも涼しいロックガーデンコースを

散策する約4時間のコース。
アウトドア専門家によるワンバーナー

クッキング体験も楽しめます。
8月5日(水)・8月7日(金)

※雨天中止
10時30分~15時

(御岳山駅出発・解散)

参加費:200円(スープ、保険代)

※昼食は各自用意
【申し込み・問い合わせ】

御岳登山鉄道㈱℡0428-78-8121


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る